奥田 英朗

2016-01-20

okudaIMG_12161

 

「空中ブランコ」で直木賞受賞。

奥田英朗の小説は大声を出して笑ったり、ちょっといけないものが出てきたり、まわりに人がいる所で読んでいると非常に危険です。表情を押し殺して読むことが出来る人は別だが、それはお釈迦様でも無理な話かもしれなせん。

面白さの中に、社会を風刺している所が盛り込まれていて、理屈無しで面白い痛快小説です。

<おすすめの一冊>「ララポピ」(幻冬舎)

Copyright(c) 2016 石附硝子株式会社 All Rights Reserved.