ハニカムサームスクリーン

お手軽だけど効果抜群!
断熱ブラインド


断熱する手段は決して、プラマードUばかりではありません。プラマードUを取付けたくても、納まりが悪い、使い勝手が悪い、そんなところにハニカムスクリーンを取付けられます。例えば、冬は出入りをしない台所脇の勝手口ドアの内側、階は使っていないので、暖気が逃げないように階段室の入口などにハニカムスクリーンを取付けしてます。カーテンと一番の違いは、両サイドに断熱レールがあることです。既存サッシと、ハニカムスクリーンの間に空気層が出来ることで、空気層も断熱に変えています。

お客様から勝手口の外部に風除室の見積り依頼を受けました。しかし、よくよく話を聞くと、冬はそこから外への出入りもしていなく、ただ廊下が寒いので風除室を取付けると暖かくなるのではと思い見積り依頼をしたとの事でした。 確かに風除室も断熱効果はありますが、冬にそこから出入りもしていないのであれば、風除室を取付ける事は、費用対効果で考えれば無駄です。それではプラマードU(樹脂内窓)ではどうかと調べましたら、トイレドアと干渉してどうにも取付けられませんでした。どうやらこのことをお客様も分かっていたので、風除室を話されていたみたいでした。そこで、ハニカムスクリーンを提案させていただきました。

まさしく、この勝手口を断熱するにはハニカムスクリーンしかありませんでした。お客様にも暖かくなった事を、大変喜んでいただきました。また、カーテンを閉じていた時に、淡い光とスクリーンがホワイトなので明るくなったと、二重の喜びでした。

※サーモカメラによるデータになります。スポット(Sp)比較をしてみました。

ビフォー
アルミサッシだけの場合
アフター
ハニカムスクリーン施工後
差異
sp14.5℃11.8℃7.3℃
sp23.6℃10.6℃7℃
sp32.3℃8.8℃6.5℃
sp49.8℃12.6℃2.8℃

ここで、注目して見て頂きたいのが、Sp1からSp3までは、窓の部分なので、断熱性能が向上するのは当然ですが、Sp4の所(トイレの手前の壁の所)ですが2.8℃温度が上がったことが分かります。これは、アルミサッシからくる冷輻射が来なくなったのを表しております。 これで、お客様が温かくなったと言うことを、科学的に立証できました。

【ハニカムサーモスクリーン(断熱・遮光)の施工例をご紹介】

喫茶店のようなおしゃれなリビング。ガラスの弱点となる寒さ・暑さを解消する、優れものの断熱スクリーン「ハニカムサーモスクリーン(断熱レール仕様)」を提案させていただきました。大画面のプロジェクターが日中でも見れるように遮光タイプで暗室も実現。夢のような空間が出来上がりました。

banner

当社で施工した施工例がYKKapのホームページに掲載されております。

↑詳しくは画像をクリック

ハニカムスクリーン|サイト
お問い合わせはこちら
Copyright(c) 2016 石附硝子株式会社 All Rights Reserved.