降り注ぐ陽光を窓の外で8割以上カット

日差しを遮って、室内温度の上昇を抑え、節電効果を発揮するアウターシェード。
日よけを使用しない季節や強風時は、簡単にスッキリと収納できます。

その暑さ、原因は窓でした

夏、室内に流入する熱の約70%は窓から入ってきます。(※選定日:日平均外気温の最大日、8月10日14~15時、東京)
アウターシェードはその熱の流入を遮ることで、室内温度の上昇を抑え、エアコンなどの電気使用量の低減にも効果を発揮します。

ボックスデザイン

アウターシェードのボックスデザイン

緩やかなアール形状

やわらかな印象で、すっきりとした住宅に馴染みやすいデザインです。 

アウターシェードのボックスデザイン

半収納式のボトムバーの採用

半収納式のボトムバーの採用で、収納時の風による揺れにも配慮しています。
また、ボトムバーはボックスの横幅より短いので、すっきりと収まります。

操作性

アウターシェードの操作性   アウターシェードの操作性

フックに引っ掛けて固定

シェードを下ろしてボトムバーをフックに引っ掛けるだけでしっかりと固定することができます。※ボトムバーがフックに掛かりにくい場合は片側ずつ掛けてください。

中間フックで半開きにすることも可能

オプションの中間フックを取付ければ、半開きにすることができ、日差しのコントロールも可能です。※雨戸付、横並べ、2枚仕様には取付けできません。

アウターシェードの操作性

ソフトクローズ機構

一番下から手を離しても、安定した巻き上がりで、ボックス付近でブレーキがかかり、静かに収納されます。

目隠し対策

アウターシェード 外からの見え方

外からの見え方

朱子織(しゅしおり)の二重織によって、遮視性がよりアップしました。

アウターシェード 室内からの見え方

室内からの見え方

まぶしい日差しはしっかり遮りながらも、外の眺望は妨げません。

YKK APオリジナルシェード生地

YKK APオリジナルシェード生地

対候性アップ

クリアネットと同じ配合のポリプロピレン製です。顔料(着色剤)を練り込んだ糸で織っているので色落ちも少ない仕様です。

YKK APオリジナルシェード生地

清掃性

糸の交差部を融着することで、ホコリがすき間に入りにくく、お手入れがより手軽にできるようになりました。

施工事例

アウターシェードの施工事例 Before→After

上げ下げも簡単にできます。中間にもフックをつけたので半開きすることもでき、日差しのコントロールも出来ます。
でも、遮熱効果が高いということは・・・日差しは遮っても綺麗なお庭の景色は眺めたいもの。
大丈夫ですっ!!!こちらのアウターシェードは、まぶしい日差しはしっかり遮りながらも、外の眺望は妨げません。
これで夏もばっちりですね ♪

 

メーカーサイトはこちら

見積依頼フォームはこちら